奥矢作湖の紅葉って裏矢作プレイ半ば

矢作(やはぎ)ダムは愛知県内豊田市という岐阜県内恵那市にまたがる、一級河川・矢作川本流最上流部に建設されたダムで、矢作第一ダムとも呼ばれてある。
奥矢作湖はその矢作ダムにてできた人工湖で、奥深い山中に満々と水をたたえているのが印象的だ。
こういう奥矢作湖は、大自然のなかのリゾートとして親しまれ、春は桜や藤、秋は紅葉など四季によって特長も数多く、たくさんのツーリストが訪れます。
また、奥矢作湖周辺を走る経路はしばしば整備されてあり、ツーリングゾーンとしても人気のある名勝となっています。

近くには、廃校となった旧・串原小中学校による建物です、裏矢作レジャー真中があります。

ここは雄大な自然に囲まれた奥矢作湖畔における建物で、クラブ、テニスブルゾン、体育館、地域などのスポーツ施設があり、テニスブルゾンという地域は照明も備えているので、陽が落ちてからの敢行も可能です。

バーベキュー、バンガローもあるのでアウトドアアクティビティのフロアとしても敢行でき、秋になると、紅葉を眺めながらのバーベキューも楽しむことができます。

また、レストランや会合室も備えているので、アポすればメニュー、集団、宿泊もできます。

奥矢作湖周辺で紅葉するのは主にイロハモミジの木で、紅葉の見ごろは11毎月中旬から11毎月下旬にわたってだ。

なお、4毎月上旬になると、近所約12kmにかけて1500本を超える桜がいっせいに満開として、程度をロゼに染め上げます。
こちらも秋の紅葉と共に非常に見ごたえがあります。ミュゼ上野の全身脱毛、その人気の秘密は?